問題解決に向けて

弁護士との面談から任意整理での借金問題解決という指針が決まれば、正式に対応を依頼する流れとなります。勿論弁護士はボランティアではなく、依頼者は定められた所定の報酬や必要に応じての実費負担が求められます。借金問題で金銭に窮する状況下、更なる費用負担に二の足を踏んでしまいがちですが、弁護士サイドも依頼者の現状は十分理解しています。極力負担を感じぬ方法での報酬請求に配慮してくれますので、この場面では問題解決を最優先する姿勢で臨んでください。

また任意整理もまた、あらためて算出した月々の返済額を、地道に支払い続けなければなりません。これは弁護士によって異なりますが、月々の返済額を依頼者すなわち債務者が一旦弁護士に預け、弁護士から債権者に支払う流れを選択する事で、再度の延滞を防ぐスタイルが多く採用されています。

但しこの状況下で再度延滞を生じさせてしまった場合、弁護士が契約解除を通達から職責を離れれば、再度各債権者から今度は一括清算を直接迫られる事となり、弁護士に助けを求める選択肢も失ってしまいます。同じ過ちすなわち契約不履行は断じて許されぬ状況下での任意整理である事実を、当事者である債務者は肝に銘じての返済継続が絶対条件だと覚えておいてください。

任意整理という選択肢

借金問題を悪化させてしまう原因として、1人だけで問題を抱えてしまう、家族ではなく知人や友人に密かに相談から、間違ったアドバイスや情報を悪意無く提示提案されてしまい、誤った対処策を講じてしまった結果、自身の立ち位置を更に悪化させてしまう展開が見過ごせません。更にはインターネット検索を活用から、何らかのヒントを自ら募るも、匿名性が極めて強いネット内に飛び交う無数の情報の中から、不運にも間違った情報をピックアップしてしまうなど、独力での対応にはリスクと限界が否めません

弁護士が提案する借金返済方法に任意整理があります。これは債務総額から利息と遅延損害金を除いた借入元金のみを、最長5年以内を目処に分割返済する事で、債権者も債務者の自己破産による貸し倒れを回避出来るメリットから、和解合意に至る可能性が十分に期待出来る解決策です。

但し債務者に引き続き返済を続けられる支払能力が求められ、何より債権者側の譲歩からの合意が不可欠であり、弁護士を通じての和解交渉が鍵を握ります。借金問題で行き詰ってしまった場合、即自己破産ではなく、弁護士と二人三脚で他の解決策を十分模索出来る事実を知っておきましょう。

借金問題と任意整理

借金問題が深刻さを増して来れば、当事者としては当然、その後にどのような展開が待っているのか、自らの今後はどうなってしまうのかなど、不安と恐怖心を抱きつつも、関連する情報を収集から確認せずにはいられません。「自己破産」なる四文字が目や耳に飛び込めば過剰に反応から、条件反射的に身を固めてしまって当然ですし、よもや自身が債務不履行に陥るなどとは夢にも思っていなかった頃、自己破産イコール「人生の終わり」的なイメージで捉えておられたとしても不思議ではありません。ですが今、その最悪の展開が自らを手招きしていると思えば尚更、元来一刻も早く善処すべきところ、ただ時間が流れるのを見過ごしてしまう方々が後を絶たないのもまた、借金問題の「怖い」一面なのです。

多くの方々の初歩的な誤解として、巷で用いられる「債務整理」と「自己破産」を混同あるいは一色単に捉えてしまっている点が挙げられます。債務整理とは読んで字の如く、債務すなわち「借りたお金を返す義務」が滞ってしまっている状況を解決すべく、整理すなわち「債権者側の理解からの和解」を通じ、問題をクリアにする作業であり、自己破産はその方法の中の1つの選択肢に過ぎません。

ここでは多くの方々が誤った先入観で捉える「自己破産」という債務整理方法は一旦横に置き、弁護士との相談を通じて模索する解決方法の中でも一般的な、任意整理に関する基礎的なお話をお届けします。特に債務整理への着手に腰が退けてしまわれている、借金問題にお悩みの方々にご一読いただきたい内容をお届けします。