問題解決に向けて

弁護士との面談から任意整理での借金問題解決という指針が決まれば、正式に対応を依頼する流れとなります。勿論弁護士はボランティアではなく、依頼者は定められた所定の報酬や必要に応じての実費負担が求められます。借金問題で金銭に窮する状況下、更なる費用負担に二の足を踏んでしまいがちですが、弁護士サイドも依頼者の現状は十分理解しています。極力負担を感じぬ方法での報酬請求に配慮してくれますので、この場面では問題解決を最優先する姿勢で臨んでください。

また任意整理もまた、あらためて算出した月々の返済額を、地道に支払い続けなければなりません。これは弁護士によって異なりますが、月々の返済額を依頼者すなわち債務者が一旦弁護士に預け、弁護士から債権者に支払う流れを選択する事で、再度の延滞を防ぐスタイルが多く採用されています。

但しこの状況下で再度延滞を生じさせてしまった場合、弁護士が契約解除を通達から職責を離れれば、再度各債権者から今度は一括清算を直接迫られる事となり、弁護士に助けを求める選択肢も失ってしまいます。同じ過ちすなわち契約不履行は断じて許されぬ状況下での任意整理である事実を、当事者である債務者は肝に銘じての返済継続が絶対条件だと覚えておいてください。